絶滅危惧種のアラバマアカハラガメを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > カメ目 > アラバマアカハラガメ

アラバマアカハラガメ


アラバマアカハラガメ

和名 : アラバマアカハラガメ
学名 : Pseudemys alabamensis
分類 : カメ目ヌマガメ科
分布地域 : アメリカ合衆国アラバマ州
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



カメレオンアイコン 形態
ライン


甲羅のサイズはオスが約29.5cm、メスが約33.5cm。
甲羅には黄色と黒の斑点があり、上側は黒みを帯びた黄色で下側はオレンジ色。

カメレオンアイコン 生態
ライン


水深の浅い河川に棲息している。
生態については詳しい研究がされておらず不明な点が多いが、日光浴で体温調節をして、食べ物を探しに水の中に入る。
食物は野生では水草、飼育下では肉なども食べる。

産卵は春の終わり頃から夏にかけて4個~9個の卵を産む。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


水質汚染による棲息地の破壊や乱獲によって個体数は減少している、現在は保護対象となっており法的に保護されているが、法律は度々無視され密猟されている。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


アメリカ
アラバマ州
リトル・リバー州立公園(Little River State Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク