絶滅危惧種のミューレンバーグイシガメを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > カメ目 > ミューレンバーグイシガメ

ミューレンバーグイシガメ


ミューレンバーグイシガメ

和名 : ミューレンバーグイシガメ
学名 : Glyptemys muhlenbergii
分類 : カメ目ヌマガメ科
分布地域 : アメリカ合衆国東部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



カメレオンアイコン 形態
ライン


甲長8cm~10cm、体重約110g。
甲羅は茶色と黒、頭部に黄色い縞がある。

カメレオンアイコン 生態
ライン


湿地や流れの遅い川に棲息している。
ミューレンバーグイシガメ
日光浴や採食をする時に陸上に上がってくる、食物は昆虫、ナメクジ、ミミズなどを食べる。

繁殖期になると地面に穴を掘り其処に卵を産む、1回の産卵は平均2個~4個、最大で6個産んだ記録もある、交尾は水中でする事が多い。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


かつては広域に棲息していたが、開発によって棲息地が分断された事で小規模なグループがアメリカ東部に乱立する状態になっている、小さな範囲での交配は近親交配となりやすく虚弱な個体が増加している。
また、水質汚染や法律で捕獲は禁止されているがペット用としての密猟も続いている。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク