絶滅危惧種のディンニッククサリヘビを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > ディンニッククサリヘビ

ディンニッククサリヘビ


ディンニッククサリヘビ

和名 : ディンニッククサリヘビ
学名 : Vipera dinniki
分類 : 有鱗目クサリヘビ科
分布地域 : ロシア、グルジア、アゼルバイジャン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長40cm~55cm。
体色は茶色やオレンジで、背部に暗褐色の横帯があり、体側部にも暗褐色の斑がある。

カメレオンアイコン 生態
ライン


標高1500m~3000mの山林や牧草地に棲息している。

昼行性で、食物はげっ歯類や鳥類、トカゲなどの爬虫類を食べる。
行動範囲は狭く巣穴から遠く離れる事はあまり無い。

10月~4月頃まで冬眠を行う。
繁殖は冬眠から目覚めると行われ、9月~10月に3頭~5頭の子供を産む。
子供は生まれると直ぐに冬眠を始め、春に目覚めてから初めて食事をする。
性成熟は約3年かかる。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


過放牧による棲息地の劣化が脅威となっている。
毒を持つ為か害獣とされ人間に殺されたり、ペット用として密猟される事もある。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


ロシア
ソチ
コーカサス諸国自然生物圏保護区(Caucasian State Nature Biosphere Reserve)

ソチ国立公園(Sochi National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク