絶滅危惧種のボーンミューラークサリヘビを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > ボーンミューラークサリヘビ

ボーンミューラークサリヘビ


ボーンミューラークサリヘビ

和名 : ボーンミューラークサリヘビ
学名 : Vipera bornmuelleri
分類 : 有鱗目クサリヘビ科
分布地域 : シリア、レバノン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長40cm~75cm。
体色は背部が灰褐色で暗褐色のジグザグの斑がある。

カメレオンアイコン 生態
ライン


標高1600m~2200mの湿潤な草原や林に棲息している。

食物は主にネズミなどの小型哺乳類を食べる。

繁殖は胎生で5頭~18頭の子供を産むとされる。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


ヒツジやヤギの過放牧と交通事故が脅威となっている。
一部の地域では軍事施設やスキー場の建設で棲息地が失われている。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


レバノン
・山岳レバノン県
アル・ショウフ・シダー自然保護区(Al Shouf Cedar Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク