絶滅危惧種のロミメクラミミズスキンクを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > ロミメクラミミズスキンク

ロミメクラミミズスキンク


ロミメクラミミズスキンク

和名 : ロミメクラミミズスキンク
学名 : Typhlosaurus lomiae
分類 : 有鱗目トカゲ科
分布地域 : 南アフリカ共和国(西ケープ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長約10cm。
体色は背部はピンク色、腹部には色素が薄く透明に近い。
目蓋は無く目が鱗に覆われている、手足も存在しない。
上唇板は3枚、下唇板は2枚、胴部中央の体鱗列数は12列、腹部の鱗板は約160枚、尾下板は約40枚。

カメレオンアイコン 生態
ライン


草原に棲息している。

食性や繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


脅威、個体数、保護状況なども情報が無いため不明。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク