絶滅危惧種のカスナーヒメジムグリトカゲを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > カスナーヒメジムグリトカゲ

カスナーヒメジムグリトカゲ


カスナーヒメジムグリトカゲ

和名 : カスナーヒメジムグリトカゲ
学名 : Scelotes kasneri
分類 : 有鱗目トカゲ科
分布地域 : 南アフリカ共和国(西ケープ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長8cm~12cm。
体色は背部に褐色のストライプがある、腹部は灰白色。
前脚の退化してなくなっているが、後ろ足は残っている。
胴部中央の体鱗列数は22列、眼上板は3枚。

カメレオンアイコン 生態
ライン


ブレンデンブルグからランバーツベイの植物がまばらに生える海岸に棲息している。
岩の下や落ち葉の下で発見されている。

食物は恐らく昆虫を食べる。

繁殖は胎生で、1頭~4頭の子供を産む。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


海岸沿いの開発によって棲息地を失っている。
保護政策などは今の所存在しない。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク