絶滅危惧種のイビサイワカナヘビを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > イビサイワカナヘビ

イビサイワカナヘビ


イビサイワカナヘビ

和名 : イビサイワカナヘビ
学名 : Podarcis pityusensis
分類 : 有鱗目カナヘビ科
分布地域 : スペイン(バレアレス諸島のイビサ島やフォルメンテラ島など)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長6cm~9cm、全長は20cmを超える。
体色は基本的に青緑色が多いが褐色や灰色の個体もいる、腹部は白やベージュ。

カメレオンアイコン 生態
ライン

イビサイワカナヘビ2
海岸周辺の岩場や農耕地に棲息している。

食物は昆虫や植物を食べる。
夏季は植物を食べる割合が高くなる。

産卵数は1個~4個、性成熟までは1年半~2年とされる。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


以前は狩猟が脅威となっていたが、現在は大きな脅威はないとされ個体数も安定している。
しかし棲息範囲が限られているため何か起きた場合は危険な状況になる可能性はある。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


スペイン
イビサ島
カラドルト国立公園(Cala d'Hort National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク