絶滅危惧種のヒラオツノトカゲを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > ヒラオツノトカゲ

ヒラオツノトカゲ


ヒラオツノトカゲ

和名 : ヒラオツノトカゲ
学名 : Phrynosoma mcallii
分類 : 有鱗目イグアナ科
分布地域 : アメリカのアリゾナ州南部、メキシコのバハ・カリフォルニア州北部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長6cm~13cm。
体色は黄褐色や赤褐色、頭部と背中に多数の角がある。

カメレオンアイコン 生態
ライン


標高800mまでの高温の砂漠や疎林など日中は40度を越える厳しい土地に棲息している。

普段はゆっくり動くが、危険が迫ると素早く動いて逃げる。
成体は冬になると冬眠をするが、子供は冬眠をしない可能性がある。

食物は主にアリ、他の昆虫類も食べる。

卵は一度に3個~7個を産む。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


農地拡大や都市開発による棲息地が消失が脅威となっており、ここ40年で棲息地の50%以上を失っている。
また、狩猟は禁止されているがペット目的の密猟は多発している。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク