絶滅危惧種のオオアタマヤマカガシを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > オオアタマヤマカガシ

オオアタマヤマカガシ


オオアタマヤマカガシ

和名 : オオアタマヤマカガシ
学名 : Natrix megalocephala
分類 : 有鱗目ナミヘビ科
分布地域 : ロシア連邦、トルコ、グルジア、アゼルバイジャン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長80cm~120cm。
体色は背部が黒く、腹部が灰色。

カメレオンアイコン 生態
ライン


標高1500m以下の水辺の草原や森林に棲息している。
春頃は昼行性だが、夏季は夜行性になる。
9月~4月までは冬眠を行う。

食物は両生類や魚類を食べる。

繁殖期は8月頃で11個~15個の卵を産み、約40日後に孵化する。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


最大の脅威は移入してきたアライグマからの捕食とされる。
他にも人間による撹乱や開発による棲息地の消失も問題として挙げられる。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


ロシア
ソチ
カフカース自然保護区(Kavkazkiy Nature Reserve)

ソチ国立公園(Sochi National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク