絶滅危惧種のツノナシアダーを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > ツノナシアダー

ツノナシアダー


ツノナシアダー

和名 : ツノナシアダー
学名 : Bitis inornata
分類 : 有鱗目クサリヘビ科
分布地域 : 南アフリカ共和国(スネーウ山脈)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長23cm~30cm、メスの方が大きい。
体色は背部が褐色で暗色の帯がある、腹部は薄い褐色。
胴部中央の体鱗列数は約30列、腹部の鱗板は約130枚、尾下板は20枚~30枚。

カメレオンアイコン 生態
ライン


乾燥した山地の草原に棲息している。
朝と夕方に活発になる。

スネーウ山脈は冬季には雪が振るため、この時期になると冬眠をする。

食物はトカゲや小型哺乳類を食べる。

繁殖は胎生で、夏季に5頭~8頭の子供を産む。
幼体の体長は12cm~15cm程。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


棲息地は2つに分断され、それぞれの個体数も少ないと考えられる。
今後10年で20%減少する可能性がある。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク