絶滅危惧種のウォマを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > ウォマ

ウォマ


ウォマ

和名 : ウォマ
学名 : Aspidites ramsayi
分類 : 有鱗目ニシキヘビ科
分布地域 : オーストラリア中部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



カメレオンアイコン 形態
ライン


体長約1.5m。
体色は薄い黄色に黒みを帯びた褐色の縞がある。

カメレオンアイコン 生態
ライン


砂丘や岩場などの乾燥地帯を好んで棲息する。

日中は岩陰等に身を潜め、夜になると動き出し小型の哺乳類や昆虫を食べる。

卵は4個~19個産み、2ヶ月~3ヶ月で孵化する。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


土地開発によって棲息地が狭まったり、移入してきた動物に捕食されて数を減らしている。
またオーストラリアの蛇は有毒なものが多く、市民は蛇を発見すると直ぐに駆除しようとしてしまう事も問題となっている。
ニューサウスウェールズ州では1890年、西オーストラリア州南部では1987年を最後に確認されておらず、場所によっては絶滅している地域もある。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


オーストラリア
クイーンズランド州(バーズビル)
シンプソン砂漠国立公園(Simpson Desert National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク