絶滅危惧種のスペインキールカナヘビを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 爬虫類 > 有鱗目 > スペインキールカナヘビ

スペインキールカナヘビ


スペインキールカナヘビ

和名 : スペインキールカナヘビ
学名 : Algyroides marchi
分類 : 有鱗目カナヘビ科
分布地域 : スペイン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



カメレオンアイコン 形態
ライン


全長約15cm。
体色は茶褐色に黒い斑紋がある、側面は暗褐色に淡褐色の斑がある。

カメレオンアイコン 生態
ライン


標高700m~1700mの湿潤な森林に棲息している。
日中は岩や倒木の上で日光浴する姿が良く見られる。

食物は昆虫やクモ、芋虫を食べる。

冬眠は9月~3月頃まで行う。

繁殖は6月~7月でメスは1個~4個の卵を産む。
卵は1ヶ月~1ヵ月半で孵化する。

スポンサーリンク


カメレオンアイコン 状況
ライン


生息範囲が狭いため森林伐採や火災が大きな脅威となっている。
また、ネコやネズミからの捕食や交通事故も個体数に減少させる要因になっている。

カメレオンアイコン 棲息している保護区
ライン


スペイン
ハエン県
カソルラ自然公園(Sierras de Cazorla, Segura y Las Villas Natural Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク