絶滅危惧種のセイロンコビトジャコウネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > トガリネズミ目 > セイロンコビトジャコウネズミ

セイロンコビトジャコウネズミ


セイロンコビトジャコウネズミ

和名 : セイロンコビトジャコウネズミ
学名 : Suncus fellowesgordoni
分類 : トガリネズミ目トガリネズミ科
分布地域 : スリランカ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長約5cm、尾長約3cm。
体毛は灰色、コビトジャコウネズミに似ている。

うさぎ 生態
ライン


標高1000m~2500mの山地に棲息している。
夜行性と考えられる。

食性や繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


棲息地の農園への転換や、火災による棲息地の消失が脅威となっている。
希少な種だが、最近では2003年の調査でも発見された記録がある。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


スリランカ
中部州
ナックルズ森林保護区(Knuckles Forest Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク