絶滅危惧種のハイチソレノドンを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > トガリネズミ目 > ハイチソレノドン

ハイチソレノドン


ハイチソレノドン

和名 : ハイチソレノドン
学名 : Solenodon paradoxus
分類 : トガリネズミ目ソレノドン科
分布地域 : ハイチ、ドミニカ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長30cm~40cm、体重約1kg、尾長約25cm。
体毛は背部が黄褐色や赤褐色、腹部はベージュ、首に白い班がある。

うさぎ 生態
ライン


森林や草原に棲息している。
夜行性で、日中は地面に巣穴を掘って休む事を好む、最大で8頭の群れが同じ巣穴を共有する。

食物は主にトカゲ、鳥類の腐肉、ミミズ、昆虫で、稀に果実も食べる。

年間で1頭~3頭の子供を産む、子供は生後2ヵ月半ほどで離乳する。
寿命は平均で11年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


イスパニョーラ島は元々天敵が存在しない島だったため、ハイチソレノドンは外敵に対する有効な防御手段を持っていなっかった。
そのためヨーロッパ人が住み着くと同時に移入してきたイヌやネコ、マングースに簡単に捕食されていった。
更に農地化や都市開発による棲息地の破壊も加わった事で、急激に数を減らしている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ドミニカ
ロス・アイティセス国立公園(Los Haitises National Park)

ジャラグア国立公園(Jaragua National Park)

ハイチ
ラ・ビジット国立公園(La Visite National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク