絶滅危惧種のカメルーンジネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > トガリネズミ目 > カメルーンジネズミ

カメルーンジネズミ


カメルーンジネズミ

和名 : カメルーンジネズミ
学名 : Crocidura eisentrauti
分類 : トガリネズミ目トガリネズミ科
分布地域 : カメルーン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長7cm~8cm、尾長5cm~6cm。
体毛は背部が赤褐色。

うさぎ 生態
ライン


カメルーン山の標高2000m~3000mの草原に棲息している。

食物は恐らく昆虫などを食べる。

繁殖方法は不明、4月に妊娠している個体が見つかった事がある。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


脅威は無いとされるが、カメルーン山の噴火は潜在的な脅威となっており、最近では2012年に噴火している。
カメルーンジネズミが最後に発見されたのは1950年代である事から、既に絶滅している可能性も高い。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク