絶滅危惧種のアフリカマナティーを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ジュゴン目 > アフリカマナティー

アフリカマナティー


アフリカマナティー

和名 : アフリカマナティー
学名 : Trichechus senegalensis
分類 : ジュゴン目マナティー科
分布地域 : アンゴラ、ベナン、カメルーン、チャド、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コー​​トジボワール、赤道ギニア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、リベリア、マリ、モーリタニア、ニジェール、ナイジェリア、セネガル、シエラレオネ、トーゴ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長3m~4m、体重500kg以上。
体毛は灰褐色、前足に爪があるが後ろ足は消失している。
アメリカマナティーに非常に似ている。

うさぎ 生態
ライン


マングローブ林のある海岸から河川の上流まで棲息している。
ニジェール川の2000km上流やコンゴ川上流のチャド湖に流入する河川など内陸深くにも棲息している。

アフリカマナティーの社会構造についてはあまり研究が行われていない。
単独または4頭~6頭の小さな群れを形成して生活しているが、雨季には30頭近くの群れを作る事もあるという。

日中は水深1m~2mで眠り、夜になると活発に動き出す。
食物は主に水草やマングローブの葉などを食べる、これらの食物は栄養価が低いため一日に20kg以上食べる必要がある、その他にも貝類や小魚を食べる。

繁殖は3年~5年毎に行われ、1頭のメスが複数のオスと交尾をすると思われる。
妊娠期間は約13ヵ月で1頭の子供を産む、生まれた子供は直ぐに泳ぐ事が出来る。

性成熟はメスが3年でオスは約10年とオスの方が遥かに長い時間掛かる。
寿命は約30年と考えられている。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン

アフリカマナティー2
食用や骨、皮を狙った密猟が最大の脅威となっている。
カメルーンやナイジェリアでは密猟された個体が水族館に売却され、市場では普通に食用肉として売られている。
チャド、セネガル、マリでもアフリカマナティーの油がリウマチを治す薬や整髪剤に使用されている。

ダムや水力発電所の建設も棲息環境を悪化させている。
また、アフリカマナティーは網に捕まっている小魚を食べるため漁業者から駆除される事もある、魚網に絡まり窒息する事故も発生している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


コートジボワール
ラギューヌ州
アサニィ国立公園(Assagny National Park)

カメルーン
リトラル州
ドゥアラ・エデア野生生物保護区(Douala Edéa Wildlife Reserve)

南部州
コラップ国立公園(Korup National Park)

ガンビア
ガンビア川中流地方
ガンビア川国立公園(River Gambia National Park)

ガンビア川下流地方
西キアング国立公園(Kiang West National Park)

ナイジェリア
クワラ州
カインジ国立公園(Kainji National Park)

ナサラワ州、プラトー州
パンダム野生動物公園(Pandam Wildlife Park)

セネガル
ジガンショール州
バッセ・キャサマンス国立公園(Basse Casamance National Park)

サンルイ州
ジュッジ鳥類国立公園(Djoudj National Bird Sanctuary)

タンバクンダ州
ニョコロ=コバ国立公園(Niokolo-Koba National Park)

ガーナ
セントラル州
カクム国立公園(Kakum National Park)

ノーザン州
ディギャ国立公園(Digya National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク