絶滅危惧種のミミゲモモンガを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ミミゲモモンガ

ミミゲモモンガ


ミミゲモモンガ

和名 : ミミゲモモンガ
学名 : Trogopterus xanthipes
分類 : ネズミ目リス科
分布地域 : 中国(北京市、湖北省、青海省、甘粛省、河南省、陝西省、四川省、雲南省、貴州省、山西省、河北省、遼寧省、チベット)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



うさぎ 形態
ライン


体長約26.7cm~30.5cm、尾長26.7cm~28cm。
体毛は灰褐色で腹部は白い。

うさぎ 生態
ライン


標高1300m~1500mの高山地帯に棲息するが、時に標高2700mでも見る事ができる。
巣は地上約30mの断崖にある岩穴に作られる、巣には草が敷き詰められており、通常は1頭で暮らしている。

夜間になると活動をはじめ、木の実や小枝や果実を食べる。

発情期は12月中旬~1月末に起こり、約80日の妊娠期間を経て1頭~4頭の子供を生む。
子供は生後20日~30日で目が開き、3ヶ月~4ヶ月で離乳をする。
寿命は飼育下で10年~12年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


棲息地の破壊と狩猟が脅威となっている、個体数は不明だが減少傾向にあると考えられる。

中国ではミミゲモモンガの糞が漢方薬として利用されているため飼育繁殖されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


中国
四川省
王朗自然保護区(Wanglang Nature Reserve)

臥龍国家級自然保護区(Wolong National Nature Reserve)

九寨溝(Jiuzhaigou)

貴州省
赤水桫椤国家級自然保護区(Chishuisuoluo National Nature Reserve)

雷公山自然保護区(Leigongshan Nature Reserve)

河南省
鸡公山自然保護区(Jigongshan Nature Reserve)

湖北省
神農架国家級自然保護区(Shennongjia National Nature Reserve)

陝西省
太白山国家級自然保護区(Taibaishan National Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク