絶滅危惧種のパルマーシマリスを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > パルマーシマリス

パルマーシマリス


パルマーシマリス

和名 : パルマーシマリス
学名 : Tamias palmeri
分類 : ネズミ目リス科
分布地域 : アメリカのネバダ州南部のスプリングマウンテン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長210cm~220cm、尾長8cm~10cm、体重50g~60g
体毛は黄褐色で白と黒のストライプ持っている。

うさぎ 生態
ライン


標高2100m~3600mの森林の岩の多い斜面に棲息している。
岩や倒木の下に巣穴を掘って暮らしている。

昼行性で、食物は春から秋は主に草本や種子、果実などを食べ、それ以外の季節には昆虫も捕食する。

パルマーシマリスの繁殖期は4月~7月で、30日~33日の妊娠期間を経て3頭~6頭の子供を産む。
生後約5週で地上に出て固形物を食べ始める、性成熟は雌雄共に10ヶ月ほどとされる。
寿命は長くとも4年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


開発による棲息地の消失と、ネコやイヌからの捕食が脅威とされるが、どの程度影響があるかは解っていない。
個体数も不明だが減少速度はそこまで早くないと考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク