絶滅危惧種のシホテアリニオナガネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > シホテアリニオナガネズミ

シホテアリニオナガネズミ


シホテアリニオナガネズミ

和名 : シホテアリニオナガネズミ
学名 : Sicista caudata
分類 : ネズミ目トビネズミ科
分布地域 : 中国、ロシア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長6cm~7cm、尾長10cm~11cm。
体毛は背部が黄色がかった灰色で、腹部が灰色がかった白。

うさぎ 生態
ライン


山地の森林に棲息している。
地面に掘った巣穴の中で日中は過ごし、夜になると活動をはじめ主に植物や果実や種子を食べる。

年に少なくとも6ヶ月は冬眠をする。

繁殖に関しては不明な点が多いが恐らく4頭~6頭の子供を産む。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


シホテアリニオナガネズミの脅威や個体数は解っていない。
希少な種であることに間違いはないため更なる調査が求められる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク