絶滅危惧種のアルメニアオナガネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > アルメニアオナガネズミ

アルメニアオナガネズミ


アルメニアオナガネズミ

和名 : アルメニアオナガネズミ
学名 : Sicista armenica
分類 : ネズミ目トビネズミ科
分布地域 : アルメニア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長5cm~9cm、尾長6.5cm~11cm、体重6g~14g。
体毛は背部が暗褐色で、腹部が灰色がかった白。

うさぎ 生態
ライン


背の高い草がある山地の草原や森林に棲息している。
飛び跳ねながら移動をして、尾を巧みに使って低木に登ることもできる

日中は地面に掘った穴で休み夜になると餌を探しに出かける。
食物は、種子、果実、昆虫などを食べる。

冬季には少なくとも6ヶ月冬眠をする。

恐らく初夏に数頭の子供を産み、寿命は3年以下と考えられる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


過放牧や農業の為の草刈りによって背の高い草を失う事での棲息地の消失が脅威となっている。
限られた範囲にしか棲息しておらず今も棲息地は失われ続けている事から保護対策が求められている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク