絶滅危惧種のキノボリコメネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > キノボリコメネズミ

キノボリコメネズミ


キノボリコメネズミ

和名 : キノボリコメネズミ
学名 : Rhagomys rufescens
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : ブラジル(リオデジャネイロ州、サンパウロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧 (NT)



うさぎ 形態
ライン


体長約9.5cm、尾長約9.5cm。
体毛は背部が赤褐色で腹部が薄い色になる。

うさぎ 生態
ライン


ブラジルの大西洋岸森林に棲息している。
爪が発達している事から樹上生活に適応していると考えられる。

食性は不明、繁殖に関する情報もないが乳頭が6つある。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


森林伐採による棲息地の消失と断片化が脅威となっている。
100年以上発見されない期間が続いていた為、絶滅したと考えられた時期もあった。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク