絶滅危惧種のオジロハムスターモドキを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > オジロハムスターモドキ

オジロハムスターモドキ


オジロハムスターモドキ

和名 : オジロハムスターモドキ
学名 : Mystromys albicaudatus
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : レソト、南アフリカ(東ケープ州、ムプマランガ州、北ケープ州、北西州、西ケープ州、フリーステイト州、ハウテン州、クワズール・ナタール州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長10cm~18cm、体長5cm~8cm、体重80g~100g。
体毛は背部が黄褐色で下部にいくほど白くなる。

うさぎ 生態
ライン


乾燥した草原に棲息している。
地上性で夜行性、地面に1.5m~2m程の巣穴を掘って生活する、ミーアキャットの古巣を利用する事もある。
雨が降った時に最も活発になる。

食物は種子や昆虫を食べる。

繁殖は1年中行われる、約37日の妊娠期間を経て、2頭~5頭の子供を産む。
生まれた子供は母親の乳首にしがみ付いて移動する、離乳までは約3週間で、約5ヶ月で性成熟する。寿命は飼育下で約6年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


農地拡大によって棲息地を失っている。
過去40年で80%近くの棲息地を失っており、今後10年で更に50%を失うと想定されている。

個体数もこの速度で農地化が進めば現在の半分まで減少すると考えられている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


南アフリカ
クワズール・ナタール州
ウカランバ・ドラケンスバーグ公園(uKhahlamba Drakensberg Park)

レソト
クァクハスネック県
セサバテーベ国立公園(Sehlabathebe National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク