絶滅危惧種のセツゼルヤマネを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > セツゼルヤマネ

セツゼルヤマネ


セツゼルヤマネ

和名 : セツゼルヤマネ
学名 : Myomimus setzeri
分類 : ネズミ目ヤマネ科
分布地域 : イラン北西部、アゼルバイジャン、トルコ東部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長6cm~12cm、尾長5cm~9cm、体重21g~56g。
体毛は背部が暗い灰褐色、腹部が白い。

うさぎ 生態
ライン


穀物畑や果樹園の茂みなどに棲息している。
恐らく樹上ではなく多くの時間を地上で過ごしていると思われる。

食物は、種子、果物、穀物、昆虫などを食べる。

繁殖期は4月から6月までとされ、乳房が7つある事から多数の子供を出産すると考えられる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


脅威や個体数は不明だが、農地拡大、過放牧、軍事行動は間違いなくセツゼルヤマネの生息環境に悪影響となっている
今までに10頭ほどしか捕獲されておらず、最後に発見されたのが1993年のため非常に希少な種と考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク