絶滅危惧種のゴールデンハムスターを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスター


ゴールデンハムスター

和名 : ゴールデンハムスター
学名 : Mesocricetus auratus
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : トルコ、シリア、イスラエル
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長13cm~17cm、尾長約1cm。
体毛は背部が黄褐色で、腹部が白みがかった黄色。

うさぎ 生態
ライン


乾燥地帯の岩場や砂地に棲息している。
地面に平均65cmの巣穴を掘り、通常は単独で行動をしている。

縄張り意識が強く、繁殖期以外にゴールデンハムスター同士が同じ場所にいる事はまずない。
視力は低いが聴覚と嗅覚が鋭く、恐らく匂いでお互いの縄張りを判別している。
ゴールデンハムスター2
日中は巣穴で休み夜になると食料を探しに出かける。
雑食性で、植物、種子、果物、昆虫等を食べる。

妊娠期間は16日~18日で、4頭~20頭の子供を産む。
約2週間で目が開き、2ヶ月~3ヶ月程で性成熟する、寿命は2年~3年である。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


ゴールデンハムスターはペットとしては一般的だが野生では危機的状況に陥っている。

都市開発や農地拡大による棲息地の消失と断片化が最大の脅威となっていて、その他にも農民が使用する殺鼠剤による影響も問題になっている。
野生での個体数は成体が2500頭以下と考えられており、特にトルコでは滅多に見られないほど減少している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク