絶滅危惧種のケニアチチヤワゲネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ケニアチチヤワゲネズミ

ケニアチチヤワゲネズミ


ケニアチチヤワゲネズミ

和名 : ケニアチチヤワゲネズミ
学名 : Mastomys pernanus
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : ケニア、ルワンダ、タンザニア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長6cm~9cm、尾長5cm~8cm、体重最大18g。
体毛は背部が黒い毛の混じった灰褐色で、腹部は灰色。

うさぎ 生態
ライン


標高2000m以下のサバンナに棲息している。
単独で岩の間に複数の出入り口がある巣を作り生活する。

食物は恐らく昆虫や種子を食べる。

繁殖に関しては情報が無いが、乳頭数は12。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1921年にオーストラリア人動物学者ジェームズ・アンドリュー・カーショウによって新種と記載された。
ヴィクトリア湖周辺に棲息している、ルワンダでの6頭の記録はフクロウのペレットから発見されたものである。

棲息地は断片化しているが正確な脅威はわかっていない。保護区に棲息しているかどうかも不明だが、ルワンダのアカゲラ国立公園に分布が重なっている可能性はある。

捕獲された数も多くないが、個体数は少なくは無いと考えられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク