絶滅危惧種のティンシャンマーモットを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ティンシャンマーモット

ティンシャンマーモット


ティンシャンマーモット

和名 : ティンシャンマーモット
学名 : Marmota menzbieri
分類 : ネズミ目リス科
分布地域 : カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長40cm~45cm、尾長7cm~9cm、体重2.5kg。
体毛は黒味を帯びた淡黄色で、腹部は赤みを帯びたベージュ。

うさぎ 生態
ライン


ティンシャンマーモットは標高2000m~3400mの草原に棲息している。

入り口が3つ~4つある長さ3m程の巣を地面に掘って作る。
食物は主に植物で、稀に昆虫を食べる。

9月頃から春頃まで冬眠する。

繁殖は春に行われ、1頭~7頭の子供を産む。
性成熟は約3年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


農地拡大による棲息地の消失が脅威になっている。
1990年には6万頭と推定されていたが、1998年には2万2000頭と大幅に下落している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


カザフスタン
南カザフスタン州
アクスジャバグリ自然保護区(Aksu Zhabagly Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク