絶滅危惧種のミッテンドルフクサマウスを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ミッテンドルフクサマウス

ミッテンドルフクサマウス


ミッテンドルフクサマウス

和名 : ミッテンドルフクサマウス
学名 : Lemniscomys mittendorfi
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : カメルーン(オク山)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長約9cm、尾長約8cm、体重最大34g。
体毛は背部が暗茶色で黒い縞がある、わき腹は灰色、腹部は濃い灰色。

うさぎ 生態
ライン


標高2100m~2300mの草原に棲息している。
地上性で、巣穴を掘って生活する。

食物は雑食で、昆虫や種子を食べる。

繁殖に関しては情報が無い。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1960年代にドイツ人の動物学者マーティン・アイゼントラウトによってオク湖周辺の標高2300mの地点で捕獲された10頭から知られている。

過放牧によって棲息地が劣化している可能性はあるが、今の所は大きな脅威は存在していないと考えられる。
将来的には地球温暖化による気候変動が脅威になるかもしれない。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク