絶滅危惧種のカメルーンスジマウスを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > カメルーンスジマウス

カメルーンスジマウス


カメルーンスジマウス

和名 : カメルーンスジマウス
学名 : Hybomys eisentrauti
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : カメルーン(カメルーン山、クペ山、レフォ山)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長10cm~13cm、尾長10cm~12cm、体重30g~75g。
体毛は背部が黒褐色で、腹部は黄褐色、側面は赤みがある、尾は裸出している。

うさぎ 生態
ライン


標高2000mまでの森林に棲息している。
地上性で、昼も夜も活動する。

食物は種子や昆虫を食べる。

繁殖期は10月~1月で、妊娠期間は約1ヶ月、1回の出産で3頭前後の子供を産む。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


農地拡大や木材を目的とした森林伐採によって棲息地を失っている。
棲息範囲は5000平方キロメートル、残りの棲息地を少しでも保護する必要がある。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク