絶滅危惧種のメガネヤマネを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > メガネヤマネ

メガネヤマネ


メガネヤマネ

和名 : メガネヤマネ
学名 : Eliomys quercinus
分類 : ネズミ目ヤマネ科
分布地域 : スペインからウラル山脈までと中東と北アフリカの地中海沿岸
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



うさぎ 形態
ライン


体長10cm~17cm、尾長8cm~15cm、体重45kg~140kg。
体毛は背部が赤茶色か灰褐色、下部がベージュ、目の周りは黒い。

うさぎ 生態
ライン

メガネヤマネ2
標高2000mまでの森林や牧草地など様々な場所に棲息している。
動きが素早く木登りも得意だが行動範囲は狭く樹洞に作った巣から半径150m以内を出ることはない。
標高が高く寒い地域に棲息している個体は冬になる前に約210gまで体重を増やしてから冬眠をする。

夜行性で日中は巣で休み夜になると巣から出て餌を探しにいく、食物は、果実、ドングリ、昆虫、鳥の卵、小型のげっ歯類や鳥類を食べる。

繁殖は年2回行われ5月~7月頃に交尾をする事が多い、妊娠期間は21日~23日で一度に4頭~6頭の子供を生む、子供は約40日で巣立っていく。
性成熟は約1年で、5年以上生きる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


個体数は1970年代から2000年代の間に50%と大幅に減少しているが、何故減少しているのか明確な理由はわかっていない。
適切な保護を実施する為には脅威が何なのかを解明する必要がある。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


イタリア
ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州
グラン・パラディーゾ国立公園(Gran Paradiso National Park)

スロバキア
バンスカー・ビストリツァ県
スロバキア・パラダイス国立公園(Slovak Paradise National Park)

スペイン
アンダルシア州
ガータ岬自然公園(Cabo de Gata Níjar Natural Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク