絶滅危惧種のチュウゴクヤマネを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > チュウゴクヤマネ

チュウゴクヤマネ


チュウゴクヤマネ

和名 : チュウゴクヤマネ
学名 : Chaetocauda sichuanensis
分類 : ネズミ目ヤマネ科
分布地域 : 中国(四川省)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長8cm~10cm、尾長約9cm、体重25g~35g。
体毛は背部が灰褐色で、腹部が白い。

うさぎ 生態
ライン


標高2500mまでの森林に棲息している。
夜行性で、食物は種子や昆虫を食べる。

巣は地上約3mの樹上に作る。

繁殖は5月頃に約4頭の子供を産む。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


森林伐採による棲息地の消失が脅威となっていると考えられる。
今までに5頭しか確認されておらず非常に希少な種とされる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


中国
四川省
九寨溝(Jiuzhaigou)

王朗自然保護区(Wanglang Nature Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク