絶滅危惧種のネルソンレイヨウジリスを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ネルソンレイヨウジリス

ネルソンレイヨウジリス


ネルソンレイヨウジリス

和名 : ネルソンレイヨウジリス
学名 : Ammospermophilus nelsoni
分類 : ネズミ目リス科
分布地域 : アメリカ(カリフォルニア州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長約25cm、体重約155g。
体毛は黄褐色で腹部が白い、側面に一本の白い縦縞がある。

うさぎ 生態
ライン


サンホアキン・バレーの乾燥草原や低木地に棲息している。
カンガルーラットが放棄した巣穴を利用して、通常6頭~8頭の家族群で行動をする、雌雄共に約4.4haの縄張りを持つ。

昼行性だが日中の気温が高い日には早朝や夕方から動き始める事もある。
食物は主に種子で稀に昆虫やトカゲの腐肉を捕食する。
また、乾きに強く水無しで約7ヶ月は生きる事が出来る。

ネルソンレイヨウジリスの繁殖期は冬の終わりから春の初めに掛けてで複数のオスとメスが無差別に交尾をする。
妊娠期間は25日~30日で、一回に6頭~11頭の子供を生む、離乳までは平均15日かかり、生後約30日で巣穴から出て活動をする。
寿命は飼育下で最長5年7ヶ月生きた記録はあるが平均では約4年、野生では8ヶ月と非常に短くなる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


都市開発、農地拡大、過放牧により棲息地の断片化や劣化が大きな脅威となっている。
また、殺鼠剤や殺虫剤の使用も悪影響を与えている。

個体数は10万頭~40万頭とされるが、過去10年で約30%減少したと推定されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


アメリカ
カリフォルニア州
カリッツォプレイン国定公園(Carrizo Plain National Monument)

エルクホーンスラウ国立河口域調査保護区(Elkhorn Slough National Estuarine Research Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク