絶滅危惧種のヨツユビトビネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ヨツユビトビネズミ

ヨツユビトビネズミ


ヨツユビトビネズミ

和名 : ヨツユビトビネズミ
学名 : Allactaga tetradactyla
分類 : ネズミ目トビネズミ科
分布地域 : エジプト、リビア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長9cm~26cm、尾長14cm~30cm、体重50g~60g。
体毛は背部は褐色で、腹部は白い、後ろ足の指が4本。

うさぎ 生態
ライン


ヨツユビトビネズミは海岸の湿地や乾燥した砂漠に棲息している。

日中は地面に掘った巣穴で休み日没後から活動する。
食物は主に種子や水気の多い植物、昆虫を捕食する。

夏季や冬季には約5ヶ月間の休眠をする場合もある。

繁殖期は春から秋で、25日~42日の妊娠期間を経て3頭~5頭の子供を生む。
性成熟までは約1年とされる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


開発による砂漠地帯の埋め立てによって棲息地を失っている。
棲息数は不明だが非常に希少な種と考えられている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク