絶滅危惧種のイランイツユビトビネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > イランイツユビトビネズミ

イランイツユビトビネズミ


イランイツユビトビネズミ

和名 : イランイツユビトビネズミ
学名 : Allactaga firouzi
分類 : ネズミ目トビネズミ科
分布地域 : イラン南西部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長9cm~26cm、尾長14cm~30cm。
体毛は背部が灰褐色、腹部が白い、尾の先端に黒と白の模様がある。

うさぎ 生態
ライン


イランイツユビトビネズミは砂漠地帯の植生のまばらな平地に棲息している。
地面に掘った巣穴で日中の殆どの時間を過ごす。

イランイツユビトビネズミは夜になると巣穴から出て、主に植物や種子を食べる、水分は食物から吸収するため水場を必要としない。

繁殖方法は不明な部分が多いが年2頭の子供を産むらしい。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


人間の活動による棲息地の消滅が脅威となっている。
元々の棲息範囲も狭いため保護対策が求められている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク