絶滅危惧種のブラジリアヤチネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミ目 > ブラジリアヤチネズミ

ブラジリアヤチネズミ


ブラジリアヤチネズミ

和名 : ブラジリアヤチネズミ
学名 : Akodon lindberghi
分類 : ネズミ目ネズミ科
分布地域 : ブラジル(ブラジリア連邦直轄区、ミナスジェライス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 情報不足(DD)



うさぎ 形態
ライン


体長約9cm、尾長5cm~7cm。
体毛は背部が暗褐色で腹部の色は薄くなる。

うさぎ 生態
ライン


湿潤な草原に棲息している。

食物は種子や果実を食べる。

雨季に活発になる事から繁殖期は8月~2月頃と考えられる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


1990年に発見された種で個体数や脅威に関する情報は無い。
2つの国立公園に棲息していることが確認されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ブラジル
ブラジリア連邦直轄区
ブラジリア国立公園(Brasília National Park)

ミナスジェライス州
カナストラ山脈国立公園(Serra da Canastra National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク