絶滅危惧種のキンゴシライオンタマリン(キンゴシタマリン)を紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > サル目 > キンゴシライオンタマリン(キンゴシタマリン)

キンゴシライオンタマリン(キンゴシタマリン)


キンゴシライオンタマリン(キンゴシタマリン)

和名 : キンゴシライオンタマリン(キンゴシタマリン)
学名 : Leontopithecus chrysopygus
分類 : サル目オマキザル科
分布地域 : ブラジル(サンパウロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長25cm~33cm、尾長33cm~40cm、体重540g~690g。
体毛は全体的に黒色、腰から大腿部にかけては金色がかった茶色をしている。

うさぎ 生態
ライン

キンゴシライオンタマリン(キンゴシタマリン)2
大西洋沿岸の森林に棲息している。
昼行性で夜は木の窪みで休む。

食物は主に昆虫や果物を食べる、他には鳥類やトカゲ、鳥の卵なども食べる。

通常はツガイとその子供による2頭~8頭の群れを形成する。
繁殖は9月~3月にリーダーのメスのみが行い、約130日の妊娠期間を経て2頭~4頭の子供を産む、子育てはオスも参加する。
離乳は2ヶ月~3ヶ月で、性成熟は18ヶ月~24ヵ月かかる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


森林伐採により既にかつての90%の棲息地が失われており、個体群はサンパウロ州の11箇所に断片化されている。
個体数は約1000頭ほどと推定される。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ブラジル

サンパウロ州
モロ・ド・ディアボ州立公園(Morro do Diabo State Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク