絶滅危惧種のクロガオライオンタマリンを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > サル目 > クロガオライオンタマリン

クロガオライオンタマリン


クロガオライオンタマリン

和名 : クロガオライオンタマリン
学名 : Leontopithecus caissara
分類 : サル目オマキザル科
分布地域 : ブラジル(パラナ州、サンパウロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



うさぎ 形態
ライン


体長20cm~30cm、尾長約40cm、体重約600g。
体毛は金色で、頭部、四肢、尾は黒い。

うさぎ 生態
ライン


熱帯雨林に棲息している。
昼行性で、夜間は樹洞で休む。

食物は、果物、昆虫、樹液、花蜜を食べる。

クロガオライオンタマリンは通常2頭~11頭の家族群を形成する。
繁殖を行うのは群れの中の1頭のメスのみである、繁殖期は9月~3月で通常双子を生む。
子供を群れ全体で育て約12週で離乳する、性成熟までは1年半~2年かかる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


スペラギ島と対岸の限られた範囲にしか棲息しておらず、個体数は260頭以下と推定されている。
脅威としては開発による森林破壊や密猟が挙げられる。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ブラジル
サンパウロ州
ジャクピランガ州立公園(Jacupiranga State Park)

パラナ州
スペラギ国立公園(Superagui National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク