絶滅危惧種のマスクティティを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > サル目 > マスクティティ

マスクティティ


マスクティティ

和名 : マスクティティ
学名 : Callicebus personatus
分類 : サル目オマキザル科
分布地域 : ブラジル(エスピリトサント州、ミナスジェライス州、リオデジャネイロ州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長18cm~30cm、25cm~30cm、体重400g~850g。
体毛は黒っぽい茶色。

うさぎ 生態
ライン

マスクティティ2
湿度の高い森林に棲息している。
昼行性で一日の大部分の時間を樹上で過ごし地面に降りてくる事は殆どない。

マスクティティはツガイとその子供たちによる2頭~7頭の群れを形成する。
縄張りは10ha~25ha程で大きな鳴き声をあげて他の動物に縄張りを示す。
食物は果実や昆虫を中心で、花、葉、茎なども食べる。

妊娠期間は5ヵ月~6ヶ月で1回に1頭の子供を産む、出産は8月~10月に集中している。
離乳は3ヶ月~4ヶ月で、性成熟は約3年で達する。
寿命は平均で25年生きる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


都市開発や農地拡大による棲息地の破壊や狩猟によって過去25年で30%以上個体数を減らしている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ブラジル
エスピリトサント州
リニャレシュ森林保護区(Linhares Forest Reserve)

ソーレタマ生物保護区(Sooretama Biological Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク