絶滅危惧種のカルボエーロを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > サル目 > カルボエーロ

カルボエーロ


カルボエーロ

和名 : カルボエーロ
学名 : Brachyteles hypoxanthus
分類 : サル目オマキザル科
分布地域 : ブラジル(バイーア州、エスピリトサント州、ミナスジェライス州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IA類(CR)



うさぎ 形態
ライン


体長65cm~80cm、尾長50cm~78cm、体重950g~1500g。
体毛は全体的に黄灰色、顔には毛は無く黒い皮膚が露出している。

うさぎ 生態
ライン


標高600m~1800mまでの大西洋岸森林に棲息している。
昼行性で、一日の殆どの時間を樹上で過ごしている。

群れは雌雄混合で形成する、カルボエーロは類人猿には珍しく非好戦的な種で個体間で争う事はまず起きない。
食物は果実や葉、花、樹皮を食べる。

繁殖期になると無差別に交尾をする、妊娠期間は7ヵ月~8ヶ月で1回の出産で1頭の子供を産む。
離乳までは約2年で、性成熟は5年~7年かかる。
カルボエーロ2

うさぎ 状況
ライン


森林伐採で棲息地を失ったり、スポーツハンティングの標的となっている。
個体数は300頭~800頭で12の個体群に分断されている。
ロンドン動物学会はカルボエーロを絶滅する可能性が高い哺乳類100種の内の1種に挙げている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ブラジル
エスピリトサント州、ミナスジェライス州
カパラオ国立公園(Caparao National Park)

ミナスジェライス州、リオデジャネイロ州
イタチアイア国立公園(Itatiaia National Park)

エスピリトサント州
アウグスト・ラスキ生物保護区(Augusto Ruschi Biological Reserve)

ミナスジェライス州
イビティポカ州立公園(Ibitipoca State Park)

バイーア州
セラ・ダス・ロントラス国立公園(Serra das Lontras National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク