絶滅危惧種のジェフロイクロシロコロブスを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > サル目 > ジェフロイクロシロコロブス

ジェフロイクロシロコロブス


ジェフロイクロシロコロブス

和名 : ジェフロイクロシロコロブス
学名 : Colobus vellerosus
分類 : サル目オナガザル科
分布地域 : ベナン、コー​​トジボワール、ガーナ、ナイジェリア、トーゴ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長60cm~65cm、尾長75cm~80cm、体重8kg~10kg。
体毛は全体的に黒く、顔や尾や膝が白い。

うさぎ 生態
ライン


標高350mまでの落葉樹林やサバンナに棲息している。
1頭のオスと複数のメスと子供たちによる平均16頭の群れを形成する、オスは最大で4頭になる事もある。

昼行性で樹上性だがサバンナなど木が少ない場所では地上も普通に歩く、食事中以外は樹上に座ってジッとしている事を好む。
食物は、果実、種子、葉を食べる。

妊娠期間は約半年で1頭の子供を産む。
メスは4年、オスは6年で性成熟する。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


農地拡大や木材を目的とした森林伐採と狩猟によって減少している。

ジェフロイクロシロコロブスの毛皮はアフリカでは伝統的に装飾品として使用され、ヨーロッパでは敷物や壁掛に使われていた。
19世紀にヨーロッパで最も需要が高まった時には100万頭~200万頭のジェフロイクロシロコロブスが捕殺されたと言う。
今でも観光客の土産物として毛皮は狙われているが、多くは食用として狩猟されている。

個体数は不明たが、30年て30%は減少している可能性がある。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


ガーナ
セントラル州
カクム国立公園(Kakum National Park)

ノーザン州
モレ国立公園(Mole National Park)

ブロング=アハフォ州
ブイ国立公園(Bui National Park)

ディギャ国立公園(Digya National Park)

ナイジェリア
オヨ州
オールドオヨ国立公園(Old Oyo National Park)

コートジボワール
ブナ県、フェルケセドゥグ県
コモエ国立公園(Comoé National Park)

トーゴ
カラ州、中央州
ファゾオ・マファカッサ国立公園(Fazao Mafakassa National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク