絶滅危惧種のダイアナモンキーを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > サル目 > ダイアナモンキー

ダイアナモンキー


ダイアナモンキー

和名 : ダイアナモンキー
学名 : Cercopithecus diana
分類 : サル目オナガザル科
分布地域 : コー​​トジボワール、ガーナ、ギニア、リベリア、シエラレオネ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長40cm~55cm、尾長最大75cm、体重4kg~7kg。
体毛は全体的に黒く、背部は赤茶色、顎から胸部は白く、腿から膝に向かって白い線がある。

うさぎ 生態
ライン


原生林にのみ棲息して、二次林には住み着かない。
1頭のオスと複数のメスとその子供たちで15頭~50頭の群れを形成する。

昼行性で、食物は果物、花、​​種子、昆虫などを食べる。

ヒョウやカンムリクマタカを天敵としている。

繁殖は毎年行われる、妊娠期間は約5ヶ月で、通常1頭の子供を産む。
子供は約6ヶ月で離乳し、3歳で性成熟する、寿命は野生で約20年。
ダイアナモンキー2

うさぎ 状況
ライン


狩猟や森林伐採が脅威となっている。
体が大きく肉の量が多い事や背中の色が目立ちやすいため狩猟の対象になり易い。
また、1989年にリベリア内戦が勃発すると棲息地周辺に難民が住むようになり棲息地の破壊や密猟が増加した。
四半世紀で個体数の30%は減少したと考えられている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


コートジボワール
低サッサンドラ州、中カヴァリ州
タイ国立公園(Tai National Park)

ガーナ
セントラル州
カクム国立公園(Kakum National Park)

ウェスタン州
ビア国立公園(Bia National Park)

ニニ・スイン国立公園&アンカサ資源保護区(Nini Suhien National Park & Ankasa Resource Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク