絶滅危惧種のウバザメを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミザメ目 > ウバザメ

ウバザメ


ウバザメ

和名 : ウバザメ
学名 : Cetorhinus maximus
分類 : ネズミザメ目ウバザメ科
分布地域 : 世界中の大陸の沿岸や外洋
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長6.70m~8.80m、最大で15mと言う報告もある。
体重は約8.5トン、最大で10トン。
体色は通常灰色がかった茶色をしている。

うさぎ 生態
ライン


約250年前から発見されているが生態については謎が多い。
プランクトンがいる海面付近に多く棲息するが、深海にも棲息していると思われる。
餌を食べる時は口を大きく開けて鰓耙と呼ばれる器官を使ってプランクトンを捕らえて食べる。

繁殖については良く解っていないが、体内受精を行い出産まで2年~3年かかる、胎児は母親の子宮の中で未受精卵を食べて成長すると考えれる、1頭だけ妊娠中のメスが捕獲された事があるが6頭の胎児を妊娠していた。
性成熟は6年~13年、寿命も解っていないが10年程から約50年という専門家もいる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


ウバザメの肝臓からはスクアレンと言うサプリメントや潤滑油として活用できる油脂が取れる為、かつてはこれを求めて乱獲された。ウバザメ2
今ではスクアレンよりもサメのヒレを求めた狩猟に変わっている。
イギリスやニュージーランドなど一部の国を除いて保護政策は特になく減少を続けている。

怪物や未確認生物と誤認される事も多くニューネッシーやストロンゼイ・モンスターの正体はウバザメとも言われている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク