絶滅危惧種のホオジロザメを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネズミザメ目 > ホオジロザメ

ホオジロザメ


ホオジロザメ

和名 : ホオジロザメ
学名 : Carcharodon carcharias
分類 : ネズミザメ目ネズミザメ科
分布地域 : 太平洋、大西洋、インド洋
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長4m~6m、体重680kg~1100k。
体長6.1mで1900kg~2250kgが最大の大きさとされる。
体色は背面は灰色で、下面は白色、のこぎりの様なギザギザの歯を持つ。

うさぎ 生態
ライン


熱帯に多く見られるが、寒帯の海にも棲息する。
ホオジロザメは獲物を捕らえる為の様々な能力を持っている海の狩人で、遠く離れた場所にいる獲物を探す時は低周波の音波を感知できる耳を使い獲物を発見する事が出来る、更に砂の中に隠れている獲物を探す時には吻の先端にロレンチニ瓶という微弱な電流を捕らえる器官があり、これを用いて獲物を見つける事も出来る。
また、微量の血液を探知する能力や海中で動く生物を正確に見る事の出来る眼を持っている、これらの能力と強力な歯を使って獲物を捕食する為シャチ以外に天敵となる生物は海中にはいない。

人間がホオジロザメに襲われる事故も多発していて、この30年あまりで200件以上の事故が発生している、人間を襲う理由としては主食であるアザラシとの誤認や傷口からの出血を感知して襲い掛かってくると考えられる。

出産は温帯の海で行う、妊娠期間は約12ヵ月で5頭~10頭の子供を生む。
性成熟は15年。寿命は30年以上生きるとされる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


スポーツとしての釣りやヒレを狙った狩猟などによって個体数は減少している。
生存する個体数は約1万頭と言われるがこれは根拠のない数字で、2010年のスタンフォード大学の調査では3500頭以下と推定されている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


南アフリカ共和国
東ケープ州
アッドエレファント国立公園(Addo Elephant National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク