絶滅危惧種のマレーカワネズミを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ハリネズミ目 > マレーカワネズミ

マレーカワネズミ


マレーカワネズミ

和名 : マレーカワネズミ
学名 : Chimarrogale hantu
分類 : ハリネズミ目ハリネズミ科
分布地域 : マレーシア
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧 (NT)



うさぎ 形態
ライン


体長8cm~12cm、尾長6cm~9cm、体重約30g。
体毛は背部は濃い黒灰色で、腹部は明るい色になる。

うさぎ 生態
ライン


水辺の森林に棲息している。

水に適応した動物で泳ぐことが得意、食物を捕まえる時も水中で狩りを行う事が多く、水生昆虫、甲殻類、小魚などを食べる。

繁殖に関する情報は無い。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


綺麗な水に依存している為、水質汚染による生息環境の悪化が脅威となっている。
また、漁網に絡まる窒息事故や森林伐採も問題となっている。
個体数に関する情報はない。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


マレーシア

ペラ州
ベルム・テメンゴール森林保護区(Belum Temenggor Forest Reserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク