絶滅危惧種のマホガニーフクロモモンガを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > カンガルー目 > マホガニーフクロモモンガ

マホガニーフクロモモンガ


マホガニーフクロモモンガ

和名 : マホガニーフクロモモンガ
学名 : Petaurus gracilis
分類 : カンガルー目フクロモモンガ科
分布地域 : オーストラリア(クイーンズランド州)
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長22.5cm~27.5cm、尾長33.5cm~40.5cm、体重250g~400g。
体毛は灰色、背中に暗色のストライブがある。

うさぎ 生態
ライン


クイーンズランド州北部の海岸線の森林に棲息している。
一夫一婦制で約23haの縄張りをツガイで持つが、それぞれが3個~9個の巣穴を所有しており、餌を探す時も巣穴で休むときも別々に行動をする。

夜行性で、夜になると餌を探しに巣穴から出てくる、食物は、花蜜、樹液、花粉、ユーカリ油、昆虫などを食べる。

滑空する距離は平均30mだが、最大で60m滑空する事もできる。

繁殖は4月~10月に行われ、1頭~2頭の子供を生む、離乳までは4ヵ月~5ヵ月かかり、12ヶ月~18ヵ月で性成熟する。
寿命は5年~6年と推定される。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


農業や木材を目的とした森林伐採により既に棲息地の80%以上が失われている。
残った棲息地の大部分はマホガニーフクロモモンガを守る為にオーストラリア政府によって買収され、回復計画が行われている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


オーストラリア

クイーンズランド州
エドマンド・ケネディ国立公園(Edmund Kennedy National Park)

ギリンガン国立公園(Girringun National Park)

パルマ・レンジ国立公園( Paluma Range National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク