絶滅危惧種のマッコウクジラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > クジラ目 > マッコウクジラ

マッコウクジラ


マッコウクジラ

和名 : マッコウクジラ
学名 : Physeter macrocephalus
分類 : クジラ目マッコウクジラ科
分布地域 : 世界中の海。
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長12m~19m、オスの方が大きい。
体重15トン~60トン。
体色は黒褐色、頭部がとても大きく体の3分の1にもなる。

うさぎ 生態
ライン

マッコウクジラ2
最大で20数頭の群れを形成する。
食物はイカや魚類などで、ダイオウイカやサメ等の大型生物を食べる。

妊娠期間は14ヵ月~16ヵ月で1頭の子供を産む、子供は2年~4年ほどで離乳する。
メスは8歳~13歳で繁殖を行うが、オスは群れの中での地位が高くないと繁殖に参加できないため25歳頃から繁殖を行う。
寿命は60年~80年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


18世紀初期より捕鯨されていたが主に香水の原料となる龍涎香と言われる腸内に発生する結石や油脂を目的に捕鯨されており、肉や皮など大部分は捨てられていた。マッコウクジラ3
マッコウクジラに対する捕鯨は19世紀に一度下火になったが1930年ごろから再開され1988年まで続いた、最盛期には年3万頭が捕獲されていた。
現在の個体数は不明だが数十万頭と推定される。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク