絶滅危惧種のシロイルカ(ベルーガ)を紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > クジラ目 > シロイルカ(ベルーガ)

シロイルカ(ベルーガ)


シロイルカ(ベルーガ)

和名 : シロイルカ(ベルーガ)
学名 : Delphinapterus leucas
分類 : クジラ目イッカク科
分布地域 : 北極海、ベーリング海北部、オホーツク海など
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 準絶滅危惧(NT)



うさぎ 形態
ライン


体長13m~21m、体重20トン~30トン。
体色は背部は灰褐色、腹部は淡色で寄生虫による傷跡で出来た斑紋がある。

うさぎ 生態
ライン

シロイルカ(ベルーガ)2
常に鳴き声を発していて海上でも聞き取る事が出来る、昔の捕鯨船員からは海のカナリアと呼ばれていた。

食物は魚類、タコ、イカ、カニ、虫など海中の生き物をなんでも食べる、大きな前頭葉を用いて餌や外敵の音波を集めている。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


かつては食用、油、皮革を目的に乱獲されていた、シロイルカは浅瀬まで近づいてくるので簡単に捕獲する事が可能だった為、いくつかの地域では狩りつくされ絶滅している。
現在は国際捕鯨委員会により捕鯨は禁止されているが、グリーンランドや北アメリカの先住民は今も年間約2000頭を狩猟している、また石油採掘施設やダムの建造による水質汚染も脅威となっている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


デンマーク

グリーンランド
北東グリーンランド国立公園(Northeast Greenland National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク