絶滅危惧種のイワシクジラを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > クジラ目 > イワシクジラ

イワシクジラ


イワシクジラ

和名 : イワシクジラ
学名 : Balaenoptera borealis
分類 : クジラ目ナガスクジラ科
分布地域 : 世界中の海
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類 (EN)



うさぎ 形態
ライン


体長13m~21m、体重20トン~30トン。
体色は背部は灰褐色、腹部は淡色で寄生虫による傷跡で出来た斑紋がある。

うさぎ 生態
ライン


時速50kmと大型の鯨の中では最速で泳げる。
食物はプランクトンや魚類を食べる、食べ方は魚の群れの中を口を小さく開けて泳ぎまわり餌が溜まったら飲み込む方法と口を大きく開けて海水と獲物を大量に含んでから海水のみ吐き出して獲物を食べる方法がある。

子供は約1年の妊娠期間を経て出産する、約半年で離乳して7年~10年で性成熟する。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


泳ぎの速さから1950年代までは主な捕鯨対象にはされていなかった。
しかし、1960年代になって他の大型鯨が目に見えて減り始めると捕鯨者たちはイワシクジラに狙いを変えてくる、1963年~1964年が乱獲の絶頂期で2万5000頭ものイワシクジラが殺されている。
1987年になりようやく世界的に捕鯨が禁止されたが、この時には捕鯨開始前の10%の数しか残っていなかった。
2008年の調査による推定個体数は5万頭~8万頭とされている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


不明

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク