絶滅危惧種のフロリダパンサーを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネコ目 > フロリダパンサー

フロリダパンサー


フロリダパンサー

和名 : フロリダパンサー
学名 : Puma concolor coryi
分類 : ネコ目ネコ科
分布地域 : アメリカ合衆国フロリダ州南部
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 未評価 (NE)



うさぎ 形態
ライン


体長100cm~130cm、尾長70cm~80cm、肩高60cm~75cm、体重30kg~73kg。
体毛は黄色がかった茶色や濃い茶色。

うさぎ 生態
ライン


森林や沼地に棲息している
夜行性で夜に狩りを行う、獲物は、オジロジカ、イノシシ、ウサギ、ネズミ、水鳥を食べる。

繁殖は一年中行われ、約3ヵ月の妊娠期間を経て洞窟の中で1頭~6頭の子供を産む、生後2ヶ月頃から母親の狩りに付いて行き、約2年で独り立ちする、寿命は約20年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


19世紀になり人口が増加し始めると家畜や人を襲う害獣として駆除されていった。
フロリダ州の南部の狭い地域に追い詰められた少数の個体群は、都市開発で更に棲息地を細かく分断され近親交配を繰り返した事で、遺伝的多様性の低い虚弱な個体が増加していった。
こうした結果ほぼ全てのフロリダパンサーから何かしらの身体的な異常が発見されており、子供は生後一年以内に半分以上が死んでしまっていた。

1974年にようやく保護動物となり、現在はエバーグレーズ国立公園とビッグサイプレス国立保護区にのみ棲息している。
一時は30頭前後まで減少したため絶滅は時間の問題とされていたが、1995年にテキサス州に生息するピューマ8頭を保護区内に放ったところ遺伝子的に正常な個体が増加して、個体数も2011年には100頭~160頭にまで回復している。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


アメリカ
フロリダ州
エバーグレーズ国立公園(Everglades National Park)

ビッグサイプレス国立保護区(Big Cypress National Preserve)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク