絶滅危惧種のカッショクハイエナを紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネコ目 > カッショクハイエナ

カッショクハイエナ


カッショクハイエナ

和名 : カッショクハイエナ
学名 : Parahyaena brunnea
分類 : ネコ目ハイエナ科
分布地域 : アンゴラ、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ共和国、モザンビーク、ジンバブエ
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧II類(VU)



うさぎ 形態
ライン


体長90cm~140cm、尾長25cm~35cm、肩高70cm~80cm。
体重はオスが40kg~43kg、メスが37kg~40kg。
体毛は全体的に焦げ茶色、四肢に灰色と茶色の縞がある。

うさぎ 生態
ライン


乾燥した草原や半砂漠地帯に単独か15頭までの家族群で棲息している。

日中は巣で寝ていて夜になると活動を始め、縄張りの中を1日最大54km移動して食料を探す。
食物の80%は大型動物の死骸を食べる、嗅覚が鋭く2km離れた場所にある死骸も発見する事が出来る。小型哺乳類や鳥類を狩る事もあるが、生きている動物の狩りは得意としておらず成功率は高くない。

妊娠期間は約96日で5月~11月に1頭~5頭の子供を生む、約14ヶ月で離乳して、1年半~3年で性成熟する。
寿命は飼育下で29年以下、野生下で約12年。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン


農地拡大による棲息地の消失や、家畜を襲うという確証はないものの度々害獣として農家に駆除されている。
個体数は5000頭~8000頭とされる、現在は棲息地の多くが国立公園や保護区になっている。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


南アフリカ共和国、ボツワナ
カラハリ砂漠
カラハリトランスフロンティア公園(Kgalagadi Transfrontier Park)

南アフリカ共和国
東ケープ州
マウンテンゼブラ国立公園(Mountain Zebra National Park)

北西州
ピラネスバーグ国立公園(Pilanesberg National Park)

ナミビア
クネネ州
エトーシャ国立公園(Etosha National Park)

スケルトンコースト国立公園(Skeleton Coast National Park)

カラス州
シュペールゲビート国立公園(Sperrgebiet National Park)

ナミブ砂漠
ナミブ=ナウクルフト国立公園(Namib-Naukluft National Park)

モザンビーク
ソファラ州
ゴロンゴーザ国立公園(Gorongosa National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク