絶滅危惧種のドール(アカオオカミ)を紹介します。

スポンサーリンク


TOP > 哺乳類 > ネコ目 > ドール(アカオオカミ)

ドール(アカオオカミ)


ドール(アカオオカミ)

和名 : ドール(アカオオカミ)
学名 : Cuon alpinus
分類 : ネコ目イヌ科
分布地域 : 中央アジア、東アジア、南アジア、インドシナ、タイ、マレーシア、ジャワ島、スマトラ島
IUCNレッドリストカテゴリー(ver.3.1) : 絶滅危惧IB類(EN)



うさぎ 形態
ライン


体長88cm~113cm、尾長約45cm、肩高42cm~55cm、体重10kg~25kg。
体毛は濃い茶色か赤褐色、尾羽先端に行くにつれ黒くなる。

うさぎ 生態
ライン


低地の草原から標高3000mの高地の森林などに棲息している。
通常は5頭~12頭ほどの群れを形成するが30頭を超える群れも普通に見る事ができる、狩りも4頭~5頭のグループで行われ、アクシスジカ、サンバー、キョン、マメジカ、イノシシ、スイギュウ、ウシ、ニルガイ、ヤギ、インドノウサギ、バラシンガジカなどの哺乳類を狙う、獲物を捕らえると腹を引き裂いて倒し絶命する前に食べ始める、獲物を追う速度は時速約50kmで約500m追跡することが出来る、狩りをするのは主に日中だが月明かりのある満月には夜でも行われる。
数頭でトラやヒョウに襲い掛かり獲物を奪い取ることもある。
ドール(アカオオカミ)3
縄張りのマーキングには糞尿が使われ、群れで共有の目立つ場所に排泄する。

繁殖は群れの中の1頭のメスのみが行い群れ全体で母子をサポートする、妊娠期間は約9週間で4頭~8頭の子供を産む、子供は2ヵ月~3ヶ月で離乳するが狩りに参加できる年齢に成長するまで群れ全体で外敵から護衛して食料を運び食べさせる。
約8か月で狩りに加わるものの完全に成長するまでは周りから厳重に守られて育つ、性成熟までは約1年ほどかかる。

スポンサーリンク


うさぎ 状況
ライン

ドール(アカオオカミ)2
家畜を襲う上に生きたまま食べ始める捕食方法が残酷に見える事から人々に嫌われ猟銃や毒餌によって駆除されている。
一部の地域ではトラの為に設立された保護区と棲息地が重なっていることで個体数を回復させているが、多くの地域では今も駆除され続けていて絶滅寸前の個体群も存在する。

うさぎ 棲息している保護区
ライン


インド
マディヤ・プラデーシュ州
カーナ国立公園(Kanha National Park)

カルナータカ州
バンディプル国立公園(Bandipur National Park)

ナガルホーレ国立公園(Nagarhole National Park)

ケーララ州
エラヴィクラム国立公園(Eravikulam National Park)

ネパール
ナラヤニ県
チトワン国立公園(Chitwan National Park)

インドネシア
ランプン州
ワイカンバス国立公園(Way Kambas National Park)

ブータン

ガサ県
ジグメ・ドルジ国立公園(Jigme Dorji National Park)

スポンサーリンク


絶滅危惧種

スポンサーリンク